FC2ブログ

2005-10

     チェック! ご協力お願いします チェック!    ※ 是非 クリックしてください。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ! 間違った野良猫対策に行政の指導を! (大阪) new!


     チェック! 里親さん募集中 チェック!      ※ 是非 クリックしてください。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ! 生後1ヶ月の可愛い女の子 ・・・ ルネちゃん (東京) new!
        ! 片足を奪われた天使 ・・・ クロちゃん (大阪) (12/17 里親さん確定)
        ! 甘えん坊な女の子 ・・・ 結羅ちゃん (東京) (1/10 保護主Yさんが里親さんに!!)


【環境省】 ペットショップ等に関する法改正に意見を国民より募集中

                              2005/10/27(Thu)
   【環境省】 動物取扱業・特定動物等改正法に関する意見を募集

   是非、環境省のパブリックコメントに参加してください!!
      ・ 動物愛護に興味がある方
      ・ 動物が好きな方
      ・ 動物を飼っている方
      ・ ペットショップで働いている方
      ・ ショップの現状を改善したいと思っている方
      ・ 繁殖場などの改善を希望する方など・・・
              より多くの方に、参加をお願いしております。


中央環境審議会動物愛護部会で、動物取扱業・特定動物等に係る政省令等に関する
答申の案が取りまとめられました。
そして、環境省はこれに関して意見を、国民である私たちに広く募集するそうです。

要は、今回の法案(素案)を読み、改善して欲しい点などを
     メールまたは郵送・FAXで送るだけで良いのです。


期間は、10月18日(火)~11月17日(木)の間です。
詳しくは、 環境省のHP にて。


また、是非チェックしていただきたい点があります!!
「動物取扱業に関する基準等」(素案)の8ページ目
[3 動物の管理] (1)ー①
  販売業者にあっては、離乳等を終えて当該動物種と同じ種類の餌を自力で食べる
  ことができるようになった個体
を販売に供するものであること(哺乳類に限る。)

上記の赤字部分なんですが、以前ブログでも記事にした*赤ちゃんペットの販売禁止へ*
に抜け穴を作るような内容の案なんです!!
もし販売業者が、まだ離乳食時期の子犬・子猫に悪意を持って成犬・成猫用の食事を与え、
販売に踏み切った場合どうなると思われますか?
明らかに、法に触れずに幼齢の子の販売を容認するようなものです。
また、販売を容認させるだけでなく、子犬・子猫に成犬・成猫のフードを無理やり
与えることによって、栄養不足による子犬・子猫への悪影響が懸念されます。
そして、このような悪い販売業者(繁殖者)は必ず出てきます!!!
ここは、具体的に数字にて○週齢以上(最低でも8週齢以上)と明記していただき、
必ず幼齢の子の販売を禁ずる方向へ持っていかなければならないと思います。
もし、パブリックコメントに参加される際は、この件に関しても記載していただければ幸いです。


私は、前回の動物愛護法の改正時、自分なりに一生懸命考えた案を郵送にて
パブリックコメントに参加致しました。
難しく考える必要はありません。
環境省にある資料を読み、改善して欲しい点などをメールまたは郵送・FAXで送る
だけで良いのです。
あと、書き方や本文のテキスト形式などは、環境省のHPに掲載してあります。

是非、より良い案 且つ 動物に優しい案にしていく為にも、皆さん参加していただける
と嬉しいです。
また、 トラバ・リンク・転載 全てフリーですので、より多くの方に広めて
いただければ嬉しく思います(#^-^#)。
(その旨、コメント欄に一言残していただけましたら幸いです。)

この記事のトラックバック先は 【なんだ神田日記】 の コチラの記事 です。
※ ペットについてのニュースや行政の動きを追っておられる、大変ためになるblogです。


2005/10/27 追記~
なんだ神田日記】 のidesさんのブログにて
「動物取扱業、特定動物等に係る政省令等に関する答申の案」
の説明会に参加されたご報告が掲載されています。
動物取扱業・特定動物政省令答申案説明会について クリック


2005/11/10 追記~
また、Mintさんのブログ「 Something New 」でも、パブリックコメントについて
記事を掲載されています。
とっても、心に響く内容です。
是非一度、皆さんもご覧になって頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト



このページのトップへ